山手線(外周)を歩いてみた!西日暮里編-田端編!逃げ場のない一本道だと!

The next station is Tabata.

今日も山手線歩いていきましょう。

前回は日暮里から西日暮里まで歩きました。

山手線(外回り)を歩いてみた!日暮里-西日暮里編! - 気になる(仮)

今回は西日暮里から田端まで歩きます。

山手線の外側を歩きますが、進行方向は内回りです。

 

旅の始まりは西日暮里駅東口です。

西日暮里駅東口

山手線の駅とは思えないような風格をしております。

 

写真を撮り忘れいて申し訳ないのですが、線路と線路の間の道を進みます。

西日暮里駅-線路と線路の間

写真ではわかりにくいですが、左手には山手線や京浜東北線が、右手には東北本線が走っております。

ひたすらまっすぐ進みます。

左手には山手線や京浜東北線が、右手には東北本線

この道は本当に何にもないです。

線路に挟まれている道なのでしょうがないと言えばしょうがないのですが。

そして東京とは思えないほどの人気のなさです。

一本道なので逃げ場もないので夜歩くのは危険かもしれません。

怖くなってきたのでふと後ろを振り向いてみました。

f:id:arimurasaji:20171013214105j:plain

誰もいません。

日暮里の高層マンションがここからでも見えますねー

進んでいるとさらに線路が現れました。

常磐貨物線

なんと今歩いていた道は3つの線路に囲まれた場所だったようです。

地図で見てみましょう。

線路密集地帯

あ、新幹線も真横を通ってますね。

よくこんなところに道を作ったもんだ。

でさっきの線路はどうやら常磐貨物線というらしいです。

常磐貨物線(田端信号場~三河島)散策①:うたにのあしあと:So-netブログ

どうりで赤羽駅と三河島駅の時刻表を見ても書いていないわけだ!

 

線路密集地帯を抜け一本道を歩き続けているとようやく今回初の民家が出てきました。

西日暮里-田端-初民家

長かった。

東京でこんなに民家に出会えない場所ってなかなかないんじゃないかな。

 

先ほどの坂を下るとようやく住宅地にたどり着きました。

西日暮里-田端-住宅地

ただ東京都は思えないようなクオリティーですが。

どこの地方都市だよって感じですね。

 

さらに進んでいくとマルエツがあります。

その隣の駐車場から田端駅が見えました!

駐車場から田端駅

ちょっとわかりずらいですが、ホームに降りる階段の屋根の部分が見えています。

 

ラストスパートで坂を上ります。

田端駅-坂

後から知ったのですが、左にある下の道からも田端駅へ行くことができます。

 

坂の途中に汚らしい廃墟がありました。

田端駅-廃墟

駅の近くにこんなの残しておくなよぶっ壊しちまえ!

 

坂を上り切って左に曲がったところです。

田端駅周辺

なんだここは!

下の世界と全然違うではないか!

 

そしてこちらが田端駅前です。

田端駅前

坂を上がっただけで今までの寂れた地方都市が一変してきれいな街並みになりました。

このギャップには驚きました。

 

今回のゴール田端駅です!

田端駅

田端駅もめっちゃきれいです。

西日暮里駅とはなんだったのだろうか・・・

いや鶯谷駅の方がもっとひどかったかな。

山手線(外回り)を歩いてみた!鶯谷-日暮里編! - 気になる(仮)

同じ山手線の駅でもクオリティの差が激しすぎますね。

調べてみると田端は京浜東北線の快速列車も停車するようです(西日暮里と鶯谷には停車いたしません)。

だからこんなにきれいなのか!

 

今回歩いた経路

西日暮里駅-田端駅 1.1km

 

日暮里-西日暮里編

山手線(外回り)を歩いてみた!日暮里-西日暮里編! - 気になる(仮)

 

田端-駒込編

山手線(外周)を歩いてみた!田端-駒込編!唯一の踏切だと! - 気になる(仮)